人事担当者が語る40代以上の転職事情

人事担当者が語る40代以上の転職事情転職
スポンサーリンク

別の記事でも触れたが、私は40歳の時に約20年近く務めた会社を辞め、初めての転職をした。

前職の肩書は開発部の部長で、主な業務は部内のプロジェクトマネージャーであったが、部門の人事も任せられていたので、自部門の中途採用にも携わっていた。

現職では職種は違うが、開発課の課長というポストを任せられ開発業務のプロジェクトマネージャーを担当しているが、並行して中途、新卒の人事業務も担当している。

40歳で初めて転職した経験と、人事を担当してきた経験から、40代以上の転職事情についてまとめてみたいと思う。

40代以上の転職活動について

40代以上の転職活動については、以下の記事にまとめているので、こちらを参考にして欲しい。

なので、本記事では主に転職後についての事をまとめたいと思う。

企業は即戦力として期待している

期待通りの採用

30代半ばを過ぎると、何かしら役職を持っている人も多い事だろう。

前職で役職を持っていた人は、

役職持ち=何かしらの実績を残してきた人材、と見られるので役職待遇で迎えられるケースも多い。

当然企業としては、即戦力として期待しているので、入社時は結構なプレッシャーとなる。

仮に特別な役職を持っていない人であっても、40代で採用するということは、企業としては即戦力を期待しているはずなので、「勉強して成長していきます」なんて悠長な事は言ってられない。

とりあえず、期待されているという事だ。

期待通りの働きであれば全く問題ない

期待されているのであれば、期待通り、いやそれ以上の結果を出せば何も問題ない。

しかし、新しい職場になると、職種の違いや社内ルール、人間関係など、今までとは全く環境が変わるので、中々上手く物事は進まないと思う。

職場に慣れる事に精一杯で、業務が捗らなければ、人によっては精神的にも追いつめられるかもしれない。

化けの皮は直ぐに剥がれる

入社して数ヶ月もすれば、実力(能力)はバレてしまう。

「思ったよりも仕事できないね」「要領が悪い」など、陰口を叩き始めるやつも現れる事も。

自分の実績と能力に相当な自信がない限り、面接など入社前から大口は叩かないように注意した方が良いだろう。

会社に居場所がなくなるケースも

会社に居場所がない

前職で私の部門で居場所がなくなるようなケースはなかったが、営業部ではそういう人は実際に存在した。

その人は、ある半導体のグローバル企業に所属していた経歴の持ち主で、入社してからもとても期待されていたが、その人が想像していた組織と、現実の組織にかなり隔たりがあったらしく、全く組織に馴染めなかった。

営業部長もその人を上手くコントロールできていなかったため、営業部内でも浮いた存在になっていった。

結局3年ほど在籍したが、最後の方はかなり肩身が狭い扱いをされていて、とても可哀そうであった。

成果でしか評価されない

長年勤めている会社であれば、売上には直結しない仕事でも、それまでの功績や評価など、長年勤めている事での恩赦が多少あるが、即戦力で中途採用される人材は、はっきり言って成果(結果)でしか評価されない。

転職を考えている人は、この点を十分に理解した上で、それでも転職するしかない状況であれば転職を考えれば良いが、上司や同僚に相談し、少しでも現状を改善できるのであれば、今の職場に留まる事を第一に考えるべきだと思う。

まとめ:即戦力として期待されるため、期待通りの結果を残せなければ会社に居場所がなくなるケースもある

40代以上になれば、採用する側の企業も即戦力として期待しています。

期待通りの成果を残せば何も問題ないが、期待通りの成果を残せなければ、最悪会社に居場所がなくなるケースもあるので注意が必要だ。

私自身も、だいぶ現在の職場にはなれてきたが、前職の経営状態が悪くなっていなければ、今でも前職で働き続けていたかったと思っている。

40歳を過ぎてから転職を考えるのには、色んな事情があると思うが、会社が倒産した(しそう)など、転職をせざるを得ない状況でない限り、今の職場に留まるにはどうすべきかを、十分に考える事をおすすめします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました