足腰の負担を軽減!アシックスGEL-NIMBUS はダイエットランナーにおすすめの1足

アシックスGEL-NIMBUS4ランニンググッズ
スポンサーリンク

まず結論から先に話すと、「最初からGEL-NIMBUS を履いてランニングしておけば良かった!」

 

そう思うほど、長時間走るダイエットランナーには、最適なランニングシューズです。

 

ではなぜ?私がそう思ったのかを、実際のこれまでの経緯と共にお話しします。

 

ASICS GEL-NIMBUS に出会うまで

 

GEL-NIMBUS を履く前は、アマゾンでミズノの4,000円ほどのシューズを履いてランニングしていたのですが、

 

毎日走っていると踵や膝に痛みが出始めました。

 

このまま痛みが酷くなって、モチベーションに影響が出るのも嫌だったので、

 

とにかくクッション性能が高いシューズを探していました。

 

アシックスのシューズチャートを確認すると、クッション性能が一番高いシューズが GEL-NIMBUSであったため、そこで初めてGEL-NIMBUS の事を知りました。

 

最高レベルの衝撃緩衝性

ASICS のGEL-NIMBUS2

 

GEL-NIMBUS の“NIMBUS” は直訳すると、雨雲になるようです。

そして、GEL-NIMBUS の公式サイトを見ると、「雲の名にふさわしい、クッション性能」

「最高レベルの衝撃緩衝性」とあります。

 

これらの謳い文句はまんざら嘘でもなく、私も初めてGEL-NIMBUS を履いて歩いた瞬間、

 

陸上競技場のタータントラックの上を歩いているのか!?

 

と錯覚するぐらい、もの凄いクッション性能を感じました。

 

ASICS のGEL-NIMBUS1

 

もちろんアスファルトの上で軽くランニングをしてみても、

 

ゴムの上をピョンピョン跳ねているかの様でした。

 

抜群のフィット感

ASICS のGEL-NIMBUS4

 

元々、アシックスのシューズは、日本人の足型を最大限考慮してつくられているので、

 

GEL-NIMBUS もフィット感は抜群です。

 

ASICS GEL-NIMBUS に履き替えてから、足の疲労が減った

ASICS のGEL-NIMBUS3

 

GEL-NIMBUS で走り始めてからは、踵と膝に痛みは徐々に引いていき、

 

今では痛みを全く気にすることなく走ることができています。

 

シューズを変えるだけで、ここまで違うものなのかぁ、って少し感動しました。

 

GEL-NIMBUS 21 ではなく、GEL-NIMBUS 20 を購入した理由

 

私が購入した時の、最新モデルはGEL-NIMBUS 21 でしたが、

 

私はあえて1世代前のGEL-NIMBUS 20 を購入しました。

 

購入した理由は2つ

 

GEL-NIMBUS の方が安かったのと、20 の方がデザイン的に好みだったからです。

 

ちなみに、GEL-NIMBUS 以外ではGEL-KAYANO も凄く気に入っていて、

 

デザインだけであれば、GEL-KAYANO の方が好みだったのですが、

 

クッション性能を最優先にしたかったので、GEL-NIMBUS にしました。

 

ランニング・ウォーキングで有酸素運動をするなら、シューズは絶対にケチるな!

 

私自身、シューズをケチってしまいその結果、踵や膝に痛みを生じた経験から、

 

ランニングやウォーキングで有酸素運動をするなら、絶対にシューズにケチってはいけません!

 

なぜなら、有酸素運動で痩せようと思うと、できるだけ長時間歩いたり走ったりする必要があるからです。

 

クッション性能の低いシューズで、長時間のランニングなどを繰り返すと、必ずと言って良いほど、足腰に痛みが出始めてきます。

 

出来るだけ足腰の負担を軽減するために、少々高くても、クッション性能が高いシューズを選びましょう。

 

そういった点からも、ASICS のGEL-NIMBUS は長時間有酸素運動する方に絶対におすすめの1足です!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました