運動量と体重の変化を公開!2019年9月1週目の結果

2019年9月1週目02体重・体脂肪率の推移
スポンサーリンク

ちょっと気まぐれなので続くか分からない(恐らく続かない)けど、

 

先週1週間の有酸素運動で消費したカロリーや走った距離、そして体重や体脂肪の推移についてまとめてみます。

 

2019年9月1日 ~ 9月8日までのランニング結果

ランニング

 

まず最初に、先週1週間の有酸素運動(ランニング)の結果から

 

2019年9月1週目のランニング量

 

 

2019年9月1日

~ 9月8日

合計カロリー6,803 kcal
合計距離103.1 km
一日平均距離14.7 km

 

正直、かなり走りました。

 

1週間単位では、過去最高距離だと思います。

 

大抵、雨や飲み会などで、週に1日は休養日があるのですが、先週は実験的に毎日走ってみました。

 

実験の意図は、毎日走ることによって、体やメンタル面にどのような影響が出るのかを知ってみたかったからです。

 

1週間ぶっ通しで走ってみた感想は、後程述べます。

 

体重や体脂肪率の変化

 

ダイエット-体重計

 

購入当初(6/16)先週(9/1)9/8
体重79.40 kg72.60 kg71.15 kg
体脂肪率28.1 %24.3 %23.0 %
内臓脂肪レベル15 level12 level11 level
体年齢52 才45 才43 才

 

次に体重や体脂肪率の変化ですが、先週測定した結果と、オムロンの体重計を購入して
初めて測定した結果で比較します

 

体重が落ち難くなったが定着しつつある体重が落ち難くなったが定着しつつある

 

ダイエットを始めた時の体重が83キロで、その時から比べると10キロちょっと体重が落ちたこともあり、ダイエット開始当初に比べて最近は体重が落ち難くなってきましたが、

 

それでも生活習慣が定着しつつあるので、

 

このまま継続できれば、極端にリバウンドする事もないと思っています。

 

筋肉疲労は多少あった

 

そして、1日平均 14.7km を1週間ぶっ通しで走ってみた感想ですが、

 

精神的な疲労は特になく、モチベーションも常に高かったです。

 

さすがに下半身の筋肉疲労は多少あり、走り始めは体が重く感じました。

 

そんな事よりも、個人的に少し危ないかなぁと思ったのが、

 

走りすぎてオーバーワーク気味になっても、

 

「今日休んだら太ってしまう・・・」という思いが、心の片隅にあったことです。

 

はっきり言って、長い目で見て1日休んだぐらいでは太らないのに、このような不安に駆り立てられるのは、やはり危険です。

 

定期的に休養日を決めておくことが必要

 

理想を言えば、3日走って1日休養(上半身の筋トレ)を繰り返すのが良いんですが、

 

私の住む富山県は雨が多いため、どうしても雨が降らない日は出来るだけ走っておかなきゃ、という気分になってしまうんですよねぇ。

 

そこは今後の課題です。

 

トッシー!
トッシー!

走り過ぎは絶対に良くないよ!

 

ペースは緩やかでも良いので、太り難い生活習慣を身に着けたい

 

ガンガン走らないと体重が維持できないのは問題なので、

 

今よりも緩やかなペースで体重を落とし、太り難い生活習慣を定着させていきたいと思います。

 

今後も、自分に対するプレッシャーの意味も込めて、継続して報告できればなぁーと思ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました