コーヒーのダイエット効果。ただ飲むだけでは痩せる事はない

コーヒーのダイエット効果食事
スポンサーリンク

コーヒー(無糖)を飲むとダイエットに効果があり痩せる!と聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

私の知人にも、”コーヒーにはダイエット効果があって痩せるらしい”と聞いて、積極的にブラックコーヒーを飲んでいる人がいます。

確かにコーヒーには、ダイエットの促進が期待できる効能はありますが、効果のメカニズムは解明されていません。

飲むタイミングを考えずに、ただ飲んでいるだけだと、トイレが近くなるだけで、ダイエットの効果はまったくないと言えます。

ただし、目的に応じた適切な飲み方を理解すれば、ダイエットを有利に進めて痩せる事も可能です。

コーヒーに期待できるダイエット効果

コーヒーを飲むと、ダイエットに効果があると言われる所以は、以下のような効果が期待できるからです。

  • コーヒーを有酸素運動の前に飲むと、脂肪燃焼効果が高まる
  • 食前にコーヒーを飲むと、食後血糖の上昇を抑制できる
  • コーヒーを毎日飲む習慣がある人は、糖尿病リスクが低減されるという研究結果がある

ただ飲めば痩せれる事はなく、飲むタイミングによってダイエット効果を促進させてくれるというわけです。

ダイエット目的で、コーヒーを飲むタイミング

コーヒーと血糖値

コーヒーを飲む事で期待できる効果であげた通り、ダイエット目的でコーヒーを飲む場合、有酸素運動での脂肪燃焼促進と、食後血糖の抑制の2つを意識して飲むのが鍵となります。

有酸素運動前に飲む事で、脂肪燃焼効果が促進される

コーヒー(無糖)を飲むと、カフェインの効果で体脂肪の分解が働き、血中に遊離脂肪酸が増えます。

この遊離脂肪酸は、エネルギーとして使われるので、運動する30分から1時間前にコーヒーを飲む事で、体脂肪を効率良く消費されるという訳です。

運動前にコーヒーを飲んだ人と飲まなかった人を比較すると、飲んだ人の方が30%ほど多く脂肪を消費していたという研究結果もあるようです。

血中に遊離された脂肪酸は、数時間程度血中に留まっていますが、特に運動しなければ、また体脂肪に戻ってしまいます。

なので、運動をしなければ体脂肪を消費する事はできません。

ちなみに、効率良く脂肪を燃焼したいのであれば、有酸素運動の前に飲むのが、一番ベストだと思います。

以上のように、コーヒーの効能は以前紹介したCLA(共役リノール酸)に近いと言えます。

食前に飲んで血糖値の上昇を抑制し、肥満を予防する

血糖値の上昇は、肥満にとても影響を与えます。

糖質の多いものを食べると、血糖値が上昇し上昇した血糖値を下げる為に、膵臓からインシュリンが分泌される過程で、糖質を脂肪として蓄えられやすくなります。

なので、肥満を予防する上では、できるだけ血糖値の上昇を抑える必要があるのです。

血糖値の上昇を抑制する方法としては、食物繊維の多いものから食べるや、食前にイヌリンまたは難消化性デキストリンを摂取するなどがあります。

また、意外と知られていませんが、食前にプロテインを飲むと、インクレチンというホルモンが分泌され、食後血糖値の上昇を抑制してくれる効果あると言われています。

話を戻すと、コーヒー(無糖)にも食前に飲む事で食後血糖値を緩やかにする効果があります。

コーヒーであれば、職場や外出先でも気軽に飲む事ができるので、食前に飲む習慣をつけることで、肥満の抑制が期待できるでしょう。

まとめ:食前と運動前に飲むと、ダイエット効果が期待できる

ダイエットの継続
  • 運動前の1時間ほど前に飲んでおけば、脂肪燃焼効果がアップ!
    特に有酸素運動の前がおすすめ!
  • 食前の前に飲めば、食後血糖の上昇を抑制してくれるので、肥満の予防になる

コーヒーを飲むだけで痩せる事はありませんが、飲むタイミングによっては、ダイエットの強力なサポート役になってくれると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました