血糖値が気になる人に。肥満予防にコーヒーと緑茶を飲むのがおすすめ

緑茶カテキン_血糖値上昇を抑える食事
スポンサーリンク

ダイエットをするまでは、血糖値の上昇なんて全く気にしてなかったのに、

ダイエットを始めてから、血糖値の上昇が肥満と関係していると知り、血糖値の上昇を少し意識するようになりました。

血糖値を急上昇させないためには食事の際、野菜から食べるベジファーストプロテインを先に飲むプロテインファーストなどがありますが、

日頃飲用する物にも血糖値の上昇を抑える飲み物があります。

それが、コーヒーと緑茶です。

私も毎日飲んでいるコーヒーと緑茶の血糖値の上昇を抑える飲み方と、血糖値の上昇と肥満の関係についてお話します。

血糖値と肥満の関係

なぜ太り続けるの

テレビCMで、「食後の血糖値が気になる方へ」というナレーションを良く耳にする人も多いと思いますが、

そもそもなぜ血糖値の上昇は良くないのでしょうか?

誰でも食事をして食べ物が吸収されると、血糖値は上昇します。

上がった血糖値を下げるために、インスリンが分泌されます。

インスリンが分泌され血糖値を下げる過程で、血中の糖分を脂肪に変えて体に貯めこもうとします。

これは誰でも同じことです。

問題は、インスリンが過剰に分泌されることにあります。

インスリンが過剰に分泌される要因には、空腹期間が長くとった後の食事や、チョコレートやお米、パンなどの糖質が高い食品の摂取などが挙げられます。

少しでも血中の糖分を脂肪に貯めこまないためには、血糖値を緩やかに保つことが重要となります。

コーヒーと緑茶の血糖値抑制効果

コーヒーと血糖値

コーヒーと緑茶に血糖値上昇の抑制効果がある事は、何となく知っている人もいると思います。

まだそのメカニズムは良く分かっていませんが、コーヒーにはポリフェノール(クロロゲン酸類)が、緑茶にもポリフェノールと茶カテキンが含まれていて、

それぞれの成分がインスリンの正常な分泌を維持するのに役立っていると考えられています。

なお、カフェインレスのコーヒーでも効果があるようです。

ちなみに、私の会社の飲み物が置いてる場所には、おーいお茶のスティックタイプがあります。

おーいお茶_スティック

これの原材料に「デキストリン」という成分が記載されています。

おーいお茶_スティック_デキストリン

デキストリンとは、難消化性デキストリンの事で、食物繊維不足を補う目的で、トウモロコシのでんぷんから作られました。

難消化性デキストリンは食物繊維なので、食後血糖の上昇を抑制する効果があります。

アメリカの食品医薬品局で、1日の摂取量の上限を設ける必要がないほど安全な食品でもあります。

私は、午前中や昼食前後は、このおーいお茶を飲むようにしています。

食後の血糖値を抑える飲み方

コーヒーと緑茶を飲むタイミング

茶カテキンの研究を行っている、アメリカのペンシルヴァニア州立大学が行った研究では、

食後血糖を抑制するには、緑茶はパンや白米などの主食と同時に摂取するのが最も効果的とのことです。

白米やパンを食べた後に飲んでも効果はないだろうとも述べられています。

コーヒーも食前と食後で比較すると、食前に飲んだ方が血糖値の上昇は抑えられたという報告があります。

なので、血糖値を抑えるには、コーヒーなら食前に、緑茶なら食事と一緒に飲むのがベストです。

間食を入れるのもおすすめ

プロテインバーの大手メーカー

食後血糖の上昇を抑えるには、間食を入れるのもおすすめです。

空腹時間を長く空けてしまうと、次の食事の際に血糖値が急上昇する危険があります。

食後の4時間後位に間食をとることで、血糖値の急上昇を予防し、血糖値を緩やかに保つことができます。

一番おすすめなのは、あたりめなどのイカの加工品です。

低糖質なうえ、たんぱく質も多いので、ダイエット中にピッタリです!

少しでもおやつ感覚に近い物を食べたい方は、プロテインバーなんかはおすすめだと思います。

ただし、できるだけ糖質の低い物を選ぶようにしましょう。

まとめ:コーヒーは食前、緑茶は食事と一緒に飲むのがおすすめ

肥満予防には、血糖値の急上昇を防ぐことが重要です。

血糖値上昇の原因となる糖質を完全に断てれば良いですが、中々そういうわけにもいかないですよね。

食後血糖の上昇を抑えるには、コーヒーなら食前に、緑茶なら食事と一緒に飲むのが効果的です。

また、間食に低糖質で高たんぱく質のプロテインバーなどを召し上がるのも、血糖値を緩やかに保つのに効果的です。

今まであまり食後血糖を意識してこなかった方は、血糖値を意識した食生活を送りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました