ダイエットの成功には、明確な目標とルールを決めるのが重要

ダイエットの目標設定3ダイエットのアドバイス
スポンサーリンク

私のような、元々メタボ体型の者がとりあえずダイエットを始めれば、最初の数週間から1ヶ月ほどで、数キロのダイエットなら成功できるでしょう。

ただし、明確な目標やルールを決めずに、ただ走るだけや、食事制限をしていては長続きせず、いずれリバウンドしてしまう確率が高くなります。

私も実際に30歳を過ぎた頃に、13kg のダイエットに成功した事があったのですが、その時はただ走って、食事制限をするだけで、特にルールは設けずにダイエットしていました。

結果は約3ヶ月で13キロを痩せる事ができましたが、その後色々あって元に体重に戻ってしまいました。

数字とイメージで目標を持つ

ルールと目標

大抵の人は、ダイエットを始めたら「何キロ痩せたい!」「何キロになる!」とか、目標体重や体脂肪率を掲げてダイエットに励むと思います。

これは数字の目標ですね。

まずは基本的な事ですが、体重そして体脂肪率の数値目標を決めましょう。

体重だけではなく体脂肪率の目標を決める理由は、本格的にダイエットを始めたら、ある一定の体重まではスムーズに減っていきます。

ただしある程度したら体重が落ち難くなってきます。

体重が落ち難くなってきたからといって極端な食事制限をしたり、運動量を増やしてしまうと、怪我をしたり体調を崩してしまったりしてしまいます。

そんな時は体重の変化にばかり目をやらず、体脂肪率の変化にも着目し、体重が思うように減っていなくても、体脂肪率が少しずつ減っていれば、それで良し!という意識を持つことが大切です。

しかし、毎日体重計とにらめっこして、「今日は痩せた!」「今日は太った・・・」と一喜一憂していると、私の経験上、精神的に疲れてくる時があるんですよねー

そんな時にも頓挫せずダイエットを継続させるための目標が、自分の理想とする体型(外見)を常に意識する事です。

これが、イメージ上の目標です。

例えば、「芸能人の○○のような体型になりたい」といった感じです。

理想と現実、今の自分とのギャップ、そんなの全く気にする必要もなく、とりあえず自分が理想とする人の写真をスマホの中に入れておきましょう。

そしてもう一つ!

今の自分の外見を写真に撮って、いつでも並べて見比べれるようにしてみましょう。

本当に痩せたいと思っているのであれば、ダイエットで辛くなった時に、理想する外見と、現実の自分を比較した時に、「このままじゃダメ!」と思える事でしょう。

ルールは人によって変わる

「○○のような体型になりたい!」「いついつまでに何キロ痩せる!」といった目標を叶える為に必要なのが、それらを達成するためのルールです。

ルールは人それぞれによって違ってきますが、私の場合は下記のルールを定めています。

  • 朝食はプロテインのみ
  • 夕食前にイヌリンを摂り、食事は野菜から食べる
  • 夜の8時以降は何も食べない
  • 間食はしない 現在は、血糖値を緩やかにするため間食を摂っています
  • 甘いものが食べたい時は、ランニング前か筋トレ前に食べる
  • 暴飲暴食した翌日の食事は軽めに済ます(炭水化物は摂らない)
  • ランニングをしない日は、予め決めておく
  • ランニングをする日は、最低1時間以上は走る
  • やる気が出ない時も、とりあえず走ってみる
  • ランニングは日が暮れてから行う
  • 一月の目標は、-2kg

とりあえずこんな感じです

食事制限をするのではなく、食習慣を変える事が重要

ダイエットを成功させるには、ただ単に炭水化物を抜いたり、食事の量を減らすのではなく、食習慣を変える事が重要です。

太りやすい人と、そうでない人の違いは、体質的な問題も確かにありますが、生活習慣の違いの方が大きいと思います。

特に太っている人は、大抵食習慣に問題がある場合があります。

食習慣と言っても人それぞれありますし、急に変えるのも大変でしょうが、例えば血糖値の上昇を抑えるために野菜から食べたり、長い空腹時間を作らない為に低糖質のおやつを間食に入れたり、20時以降は何も食べないなど、基本的なルールから守るようにすれば、ダイエットに対しての向き合い方が変わってくることでしょう。

間食を止めるだけスリムになる場合も

私の会社の同僚で私よりも更にメタボな人がいるのですが、その彼は仕事の合間にしょっちゅうおやつを食べていました。

そんな彼も健康診断の結果にショックを受けたのか、ある日から間食を一切止めた時期がありました。

特に運動もせず、ただ間食を止めただけで、1か月間で2kg 体重が落ちたそうです。

しかし!!

いつの間にか間食が復活し、また元の中年メタボ男性に戻ってしまいました。

「食事の量は減らしたのに中々体重が落ちない。。。」と言いながらも、しっかり間食をしている人は間食を止めるか、間食で食べるものを低糖質、低カロリー、高タンパク質の物に替えるだけでスリムになれる可能性はあると思います。

ランニングは計画的に続けることが大切

毎日ランニングを走っていると、疲れが溜りますが、体力もついていきます。

とは言っても、膝や足の踵など、下半身を中心に疲労は溜るので、定期的に積極的な休養は必要です。

ただここで問題なのが、予め休養日を決めずに、その日の気分で休む事です。

その日の気分で休む癖がつくと、次第に走る回数も減っていき、いずれはリタイアする可能性が非常に高いです。

なので、予め休養日は決めておいて、休養日以外は頑張って走るように心がけましょう!

短期間で痩せようとはしない

私の一月当たりの目標は、-2kgです。

たったの-2kg !?

と思った人もいるかもしれませんが、毎月-2kg を10か月継続すれば、10か月で20kg痩せる事ができます。

短期間で20kg を減量しようと思うと、食事制限をして沢山運動してと、とても過酷なダイエットが必要となります。

私自身も、過去に短期間でダイエットに成功した事がありますが、精神的に非常に疲れた記憶があります。

なので、ちょっとしたことでモチベーションが保てなくなってしまうと、一気にリバウンドしてしまう可能性があります。

私は実際に、元に戻ってしまいました。

毎月-2kg であれば、それほど過酷なダイエットでなくても、十分達成できる数字です。

痩せるために運動するのではなく、生活習慣を変えるために、継続して運動をする!という気持ちが大切です!

身近な人に公言する

目標とルールを決めたら、家族や身近な人に公言しましょう!

私は家族(妻と娘)には、目標体重とルールを共有しています。

なので、間食や夜の8時以降に何か食べそうになったら、すかさず妻から突っ込みが入ってきます。

自分一人でルールが守れない時にこそ、家族の協力は大変ありがたいものです。

ダイエットを成功させる!全ては自分のために!!

目標達成

人それぞれに、ダイエットを始めるキッカケは様々ですが、誰しも自分の為に始めるんですよね?

自分で立てた目標を達成する為に、設定するのがルールです!

ルールを守り、目標に近づいていけば、モチベーションの上がり、きっとダイエットも成功できると思います!

皆さん、一緒にダイエット頑張りましょうね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました