40才で初めて転職活動をして分かった現実

40歳で初めての転職転職
スポンサーリンク

私は今年、ダイエットに勤しむ傍ら、約19年間務めた会社を退職し、人生で初めての転職活動を行った。

40歳になって初めての転職活動を、とても不安な気持ちで行い、

縁あって7月からは新たな職場で働ける事になった。

転職活動にあたっては、転職エージェントなどを利用したのだが、 私を担当してくれたキャリアアドバイザーの話では「40歳以上で初めて転職をする方は結構いますよ」という事だったので、私と同じ境遇の方が結構いる事を始めて知った。

今回は、これから転職を考えてる、主に30代後半以上の方で、特に初めて転職を考えている方に向けて、私が40歳で初めて転職活動をしてみて分かった事をまとめてみたので、是非参考にして欲しい。

40代以上でも、転職先は見つかる

会社を辞める

先に言っておくと、35歳を過ぎると転職は難しくなると聞く(周りからめっちゃ言われた)が、40代以上でも求人は結構ある。

私自身、何か特別な資格を持っているわけでもないし、大きな仕事をやってのけた実績もない、ただの普通のサラリーマンである。

こんな私でも転職できたので、その気になれば転職先を見つける事自体は難しくないと思う。

但し、高望みをしなければの話ではあるが。

待遇の良い求人ほど、応募要件は高い

高望みをしなければと言ったのは、特に応募要件がないような求人であれば比較的入社しやすいが、当然待遇面は低くなる。

少しでも待遇の良い求人に絞り込むと、資格や実績など応募要件は高くなる。

まあ、当然と言えば当然の話ではある。

給与・待遇面が下がる事は覚悟すべき

転職エージェントの広告や、転職経験者の良い話だけを見ていると、転職して給与が上がったという話を良く目にするが、給与や待遇面が上がるのは、特別な資格を保有していたり、実績や経験値が高い、いわゆる能力の高い人材だけであり、特に資格もなく、誇れるような実績がない場合は、ほぼ給与や待遇面は下がると考えた方がいい。

ちなみに、私は転職して前職より年収にして60万円上がりました。

なんだ、結局お前は給与が上がったのか、と思うかもしれないが、これにも少し事情があり、前職を退職する前に、全社員の給与がカットされる事があり、今の職場の面接の際に 「前職で給与カットする前の年収でお願いできませんか?」と交渉したら、承諾してくれたのである。

何ともありがたい話です。いや本当に。

良い口コミよりも、悪い口コミの方を気にすべき

転職が頭に過ったら、転職についてネットで色々調べ始めることだろう。

転職して良かったか?
給与や待遇面はどうなるのか?

転職の口コミサイト等を見ていると、「転職をして給与が上がった」「転職して良かった」など、良い口コミを目にするが、私自身や知人の話をまとめると、良い事よりも悪い事の方が多いと思う。

口コミサイトを参考にするのであれば、良い口コミよりも、むしろ悪い口コミの方を参考にし、
転職する事のリスクを十分に理解して、それでも転職をしたいと思えば転職をすれば良い
と思う。

くれぐれも良い口コミを鵜呑みにしない事だ。

安易に転職を考えるべきではない

40代の転職で注意したいポイント

私が前職を辞めた理由は、会社の業績不振により大幅に給与カットされた事と、ビジョンが全く見えない経営方針に将来が不安になったためだ。

職場の雰囲気はとても良かったし、同僚や上司、部下にも恵まれ、会社を辞めた今でも、当時の上司や同僚と定期的に飲みに行ったりするほど人間関係はとても良好だった。

ただ、家族もいて家のローンも返していかないといけないので、給与はとても重要だったし、このまま会社に留まり50歳頃に倒産でもしたらそれこそ路頭に迷ってしまうと思い、苦渋の決断だったが転職する事を決意した。

私のように経営状態が傾き始めているような企業に勤めている人であれば、転職を考えるのは仕方ないが、特に会社の経営状態なども悪くないが、人間関係や会社に対してちょっとした不満が募って転職に動き出すのはちょっと待った方が良いと思う。

私もそうであったが、いざ転職活動を始めていくと、思考が今の会社を辞める前提に傾いているので、今の会社の悪い部分しか見えなくなりいつしか会社の事が嫌いになり、早く辞めたいという気持ちが高まってしまうもの。

でも冷静に考えて欲しい。

先ほども言った通り、能力のある人を除いては、大抵の人は給与・待遇面は悪くなるし、それに加えて見ず知らずの職場に足を踏み入れるわけなので、新たな人間関係の構築から職場の規則への対応など、大変ストレスになる事ばかりだ。

私も今の職場に慣れてはきたけど、前職の経営状態が悪くなく給与カットがなかったら、今でも前職で働き続けていた方が良かったと思っている。

もし、今抱えている不満が自分の努力や上司や同僚の協力で改善できるのであれば、絶対に今の会社に留まるべきだ。

まとめ:40歳を過ぎても転職先は見つかる。しかし、安易に転職を考えるべきではない

40歳を過ぎても転職先は見つかります。

ただし、特別な資格の保有や実績がない限り、高待遇の求人を見つけるのは難しいでしょう。

転職する事で給与が増えたり、環境の変化で生活にゆとりができ、「転職して良かった」と思える人も確かにいるが、前の会社の方が良かったと後悔している人も沢山いる事を忘れないで欲しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました