腸活ダイエット!腸内フローラを改善して太り難い体質に変える

腸内フローラダイエットのアドバイス
スポンサーリンク

腸内環境がさまざまな病気や肥満と深い関わりがある事が、ここ数年とても注目を集めています。

腸内環境すなわち腸内フローラを改善する取り組みを、腸活と呼んでいますが、腸活に取り組む事で腸内フローラが改善し、太り難い体質に変える事も可能です。

腸内フローラを改善すると、なぜ太り難くなるのか?

また、腸内フローラの改善に効果的な食品などについてご紹介します。

腸内環境の事を、なぜ腸内フローラと呼ぶのか?

腸内フローラ

腸内には、およそ1000種類以上の細菌が100兆個以上生息しているとも言われています。

これらの細菌が腸壁(腸の壁)にびっしりと張り付いている様子を電子顕微鏡で覗いてみると、まるでお花畑のように見える事から、腸内フローラ(腸内細菌叢)と呼ばれています。

腸内フローラを改善すると太り難くなる理由

ウエストが細い女性

腸内細菌は、大きく分けて以下の3つに分類されます。

  • 善玉菌:体に有益となる菌。代表的な善玉菌に、ビフィズス菌、乳酸菌、フェーカリス菌、アシドフィルス菌などがある。
  • 悪玉菌:体に有害となる菌。代表的な悪玉菌にウェルシュ菌、ぶどう菌、大腸菌(有毒株)などがある。
  • 日和見菌:善玉菌にも悪玉菌にも分類されない菌。代表的な日和見菌に バクテロイデス(無毒性)、大腸菌 (無毒株) 、連鎖球菌 などがある。

理想的な菌の比率

善玉菌(2割)日和見菌(7割)悪玉菌(1割)

善玉菌が多い事に越したことはないですが、悪玉菌が少なすぎるのも良いとは限りません。

少し前に、デブ菌と痩せ菌が注目されたのをご存知でしょうか?

その名の通り、痩せ菌が多い人は太り難く、デブ菌が多い人は太りやすいと言われています。

腸内フローラを改善すると太り難くなる理由の一つに痩せ菌の存在があります。

痩せ菌の正体は日和見菌のバクテロイデス(無毒性)です。

バクテロイデスは腸内のエサを分解する過程で、短鎖脂肪酸を作り出します。

この短鎖脂肪酸が腸から吸収されると、脂肪燃焼、食欲抑制、 代謝の促進に効果がある事から、 バクテロイデスが痩せ菌と呼ばれているのです。

太り難い体質に変えるには、日和見菌が鍵を握っている

腸内細菌の大部分を占める日和見菌は、善玉菌と悪玉菌の優勢な方に加勢します。

悪玉菌よりも善玉菌の比率が高ければ体に有益な働きをしますし、逆に善玉菌よりも悪玉菌の比率が高くなると、体に有害な働きをしてしまいます。

日和見菌が腸内で痩せ菌として活動するには、悪玉菌よりも善玉菌の比率を高める事が重要になってきます。

なので、腸内フローラを改善するという事は、

悪玉菌よりも善玉菌の比率を高め、腸内細菌を理想的な比率(善玉菌2割:日和見菌7割:悪玉菌1割)にしてあげる事を言います。

腸内フローラの改善に効果的な食品

それでは、善玉菌の比率を高め腸内フローラの改善に効果的な食品を紹介します。

ヨーグルトなどの乳製品

腸内環境を整える食品と言えば真っ先に頭に過るのが、ヨーグルトなどの乳製品です。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が善玉菌のエサになり腸内を活性するので、毎日100g 以上食べると善玉菌が増えると言われています。

ヨーグルトで摂取した乳酸菌は、生きたまま腸まで届かないから腸内環境の改善には効果がないと言われる事がありますが、死んだ菌も善玉菌のエサになると言われているので、効果がないことはありません。

ただし、ヨーグルトなどの乳酸菌にはカゼインというタンパク質の一種が含まれていて、グルテン(小麦などに含まれるタンパク質の一種)と同じように、腸の粘膜に炎症を起こしてしまい、疲れやすいや中々痩せる事ができないなどの不調に陥る事があるようです。

なので、グルテンフリーに取り組んでいる方は、特に注意が必要です。

ぬか漬けなどの発酵食品

ぬか漬けや味噌、納豆などの発酵食品は、乳酸菌をはじめとした善玉菌が豊富に含まれているので、腸内環境を整えてくれ、更に免疫力の向上にもつながります。

特に納豆に含まれる納豆菌は、善玉菌の増殖を促進させるだけでなく、悪玉菌を減らし腐敗菌の増加を抑制してくれる効果もあります。

食物繊維の多い食品

食物繊維が豊富に含まれる食品を摂る事も、善玉菌を増殖させ腸内環境の改善が期待できます。

食物繊維には、水に溶ける水溶性食物繊維と、水に溶けない不溶性食物繊維の2種類があります。

どちらもバランスよく摂る事で腸内環境の改善が期待できます。

ダイエットにおすすめなのは水溶性食物繊維

食前に水溶性食物繊維を摂ると、食後血糖値の上昇を抑制し糖質の消化・吸収を緩やかにしてくれるので、肥満の予防に大変おすすめです!

その中でも大変おすすめなのが、

イヌリンです!

イヌリンは水溶性食物繊維を豊富に含むので、食前に摂取する事で、食後血糖値の上昇を抑制を抑えてくれます。

更にイヌリンは腸内で100%善玉菌のエサになるため、腸内フローラの改善にも大変効果的です。

まとめ:善玉菌の比率を高める事で、痩せ菌が増え太り難い体質に変える事ができる

イヌリンの外観_燦樹

痩せ菌(バクテロイデス)を増やすためには、悪玉菌よりも善玉菌の比率を高め、日和見菌を善玉菌の仲間にさせる事が重要です。

そのためには、腸内環境を整える食品の摂取を心がける必要があります。

腸内環境を整える上でおすすめな食品はイヌリンです。

イヌリンは、水溶性食物繊維が豊富で腸内の善玉菌の繁殖促進に非常に効果的なので、とてもおすすめです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました