イヌリンとデキストリン、ダイエットに効果的なのは?違いを解説

イヌリンと難消化性デキストリンの違いサプリメント
スポンサーリンク

イヌリンと難消化性デキストリン。

ダイエットをしたことがある人であれば、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

どちらもとても似たような性質を持っていますが、どちらの方がダイエットに効果的なのか?

また、違いは何なのかを、ご説明します。

どちらも水溶性の食物繊維の一種

イヌリンと難消化性デキストリンは、共に水溶性食物繊維の一種です。

イヌリンは主に菊芋やごぼう、にんにくなどに含まれています。

対して難消化性デキストリンは、熟した果物やトウモロコシのデンプンから抽出されます。

どちらも天然由来の成分なので、安心して摂取する事ができます。

期待できる効果も非常に似ている

イヌリンと難消化性デキストリンは、期待できる効果も非常に似ています。

共に、主な効果は以下の通りです。

  • 腸内環境の改善
  • 血糖値の上昇抑制
  • 食後の血中中性脂肪値の上昇抑制
  • 内臓脂肪の低減
  • ミネラルの吸収促進作用

いずれもダイエットをしている人には魅力的な効果ばかりですね。

イヌリンとデキストリンを飲むだけで痩せる事はないですが、腸内環境の改善効果と、食後血糖値の上昇抑制効果は、積極的に利用したいところです。

イヌリンと難消化性デキストリンの大きな違い

イヌリンとデキストリンは腸内細菌に利用されるので、共に善玉菌が増える効果がありますが、イヌリンはほぼ100%腸内細菌のエサとして利用されます。

そのため、デキストリンに比べてより善玉菌を増やしてくれるのです。

食品として使いやすさにも少し違いあります。

デキストリンは常温でも溶けやすいですが、イヌリンは常温では溶け難く、飲み物に溶かして摂る場合は、お湯などの温かい飲み物に溶かす必要があります。

ダイエットに効果的なのはどっち?

お腹周りがすっきり

違いを比較した限りだとイヌリンの方が効果的だと思いますが、体質による相性はあります。

私の場合は、デキストリンよりもイヌリンの方が便秘の改善効果も高かったですが、Amazonなどのレビューを見ると、デキストリンの方が効果があった人や、私と同じくイヌリンの方が良かった人、どちらも効果がなかった人など、色んな意見がありました。

いずれにしても、飲んですぐに効果があるものではないので、1ヶ月ほど飲み比べて、効果を比較するのが良いでしょう!

おすすめの摂取方法

便秘や肥満予防を期待される方におすすめの摂取方法をご紹介します。

朝の寝起きに白湯に溶かして飲む

便秘の改善にでしたら、朝の寝起きにイヌリンかデキストリンを白湯に溶かして飲むのがおすすめです!

朝の寝起きに白湯を飲む事自体、腸の働きを活性化し便秘の改善に効果があると言われていますが、それと合わせてイヌリンとデキストリンを摂取すれば、より便秘の改善効果が期待できるからです。

食前にコーヒーか緑茶に溶かして飲む

コーヒーと血糖値

コーヒー(無糖)と緑茶には、イヌリンとデキストリンと同様に、食後血糖値の上昇を抑える効果がありますので、食事の15分程前を目安に、コーヒーもしくは緑茶に溶かして飲むと、より血糖値の上昇抑制の効果が期待できます。

そして、もう一つおすすめな理由は、コーヒーや緑茶に含まれるカフェインには、満腹中枢を刺激して、食欲を抑制する効果もあると言われているので、食前に飲む事で食べ過ぎも防止の効果も期待できるのです。

1日の摂取量

イヌリン、デキストリンどちらも1日の摂取量に上限は定められていないほど、安全な食品ではありますが、食物繊維なので摂り過ぎると、お腹がゆるくなってしまいます。

あくまで目安ではありますが、1日当たり20gほどを目安に、朝昼晩の3回ほどに分けて摂取すれば良いでしょう。

あまり効果がないからといって、摂り過ぎるのだけは止めておきましょう。

なんでも、適量が大切です!

おならが出る回数が増えた

イヌリンを摂取するようになってから、すこぶるお通じが良くなり、すっかり便秘は改善されましたが、ひとつだけ悩みがあります。

それは、おならが出る回数が増えた事です。

イヌリンを摂取する前と後で回数を比較したわけではないので、数値の比較はできませんが、確実に増えました。

Amazonや楽天のレビューを見ても、おならの回数が増えたという口コミは確認できるので、私だけではないと思います。

おならの回数が増えたこと自体は、腸内環境の変化が原因だと思うので、増えたこと自体悪い事ではないと考えられます。

ただし、臭いがクサイ場合は、悪玉菌が増えて腸内環境が悪い証拠なので、少し注意が必要です。

まとめ:どちらも食後の血糖値上昇を抑制するのでダイエットに効果的!

イヌリンと難消化性デキストリンは、どちらも似たようなダイエット効果を期待できます。

朝昼晩の3回に分けて、それぞれ食前に飲む事で血糖値の上昇抑制が期待できます。

また、便秘の改善を期待したい場合は、朝の寝起きに白湯に溶かして飲むのをおすすめします!

どちらも相性はあるので、それぞれ1ヶ月ほど摂取してみて、どちらが自分の体にあっているのか試してみると良いでしょう!

イヌリンと難消化性デキストリンは、ネットショッピングで購入するのが絶対にお得です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました