ランニングで有酸素運動を始めて半年が経過!ダイエットの効果や良かった点は?

ランニングを始めて半年が経過!ダイエットの効果や良かった点は?体重・体脂肪率の推移
スポンサーリンク

ランニングで有酸素運動を始めて半年が経過しました。

長年の不摂生な生活が原因で、体重は過去最高の83キロまで増え、外見も醜く階段を降りる時には膝が痛むような状態でした。

元号が令和に変わり、ダイエットでもやってみようかなぁ思い、始めたのがランニングだったのです。

始めた当初は毎日有酸素運動をして体重が落せたら良いなぁ、程度の軽い気持ちで始めたが、体重が落ちていくにしたがい、ダイエットのやる気が増していき、今では食事や筋トレなど、体型をとても気にするようにもなりました。

ランニングで有酸素運動を半年継続してみて、ダイエットの効果やダイエット以外に良かった点などを紹介します。

私(トッシー!)のスペック

まず最初に私トッシー!のスペックからご紹介。

  • 【年代】:1979年生まれ(アラフォー)
  • 【体型】:
    身長:167cm
    体重:83キロ(ランニング開始前)
    BMI:29.76
  • 【食事】:甘い物が大好きで、よく食べる、そして酒も好き、特にビールが好き!
  • 【運動レベル】:大学まで野球部に所属していて体を鍛える事は好き

BMI は約30程あったので、普通にかなりの肥満体型でした。

大学まで野球をやっていて体を鍛えるのが好きだといっても、この10年程は大して運動もしてなかったので、かなりの運動不足でした。

しかも、甘い物が大好きで、食べ放題も大好き、そしてお酒特にビールが大好きといった感じで、正にデブの王道を行くような生活を送っていました。

そりゃあ太るよね

半年間ランニングを継続して得られたダイエットの効果

ランニングを半年間継続したことでのダイエット結果は以下の通り。

2019年5月1日2019年11月1日
体重83kg71.20kg

ランニングを開始した当初はアナログ体重計しかなかったため、データの証拠は残っていないが、約12kg のダイエットに成功!

ちなみに、OMRON の体重計を購入して初めて測定した時と比較すると、下記の通り。

2019年6月16日 2019年11月1日
体重79.40kg71.20kg
体脂肪率28.125%
内臓脂肪レベル1511
体年齢52才44 才
BMI28.625.7

ランニングを開始した時から比較すると、約12kg 体重が落ちた事になります。

ちなみに、11月1日はランニングも筋トレも全くやらない完全のオフの日で、日中の食事も家族と一緒に外食をしたので、体重はやや重めでした。

最近は70kg 前後で推移していたので、違う日に量っていれば13kg の差があったと思う。

まあそういう細かい事はどうでも良いけど、ランニングを毎日継続すれば、間違いなく体重は落ちる!

どれだけ走っても食生活を変えなければ一向に痩せる事はないが、ランニングを継続すると不思議とダイエットの意識も高まってきます。

そうなると、自ずと食生活も変わってくるはずだ、というか私自身は実際に変わりました。

ただし、同時に筋肉も落ちるので、適度に炭水化物を摂ったり、BCAA を摂取するなどして、少しでも筋分解(カタボリック)を予防するようには努める必要はあります。

ダイエット開始前と6ヶ月後を写真で比較

ダイエット開始前とランニングを始めて半年が経過した時の外見の変化について、写真で比較してみました。

左がダイエット開始前(令和元年5月1日)で、右が半年後(令和元年11月1日)

まだまだ継続してボディメイクをする必要はあるが、ダイエットを始める前と比較すると、お腹周りと顎周りがスッキリしたのが分かると思います。

こうして写真で比較すると、ランニングを続けて本当に良かったと思う。

少しでも変化が見られれば、今後のモチベーションにも繋がるので、 ダイエットをする場合は、体重の記録だけでなく、定期的に外見の写真を残して、ダイエット開始前からどの位変化したのかを目で見て確かめる事をおすすめします。

ダイエット以外に良かった点

ランニング(有酸素運動)がダイエットに効果的なのは分かりましたが、ランニングを継続してみて、ダイエット以外に良かった点をあげてみます。

有酸素運動は高血圧にも効果的

昔から低血圧で、ここ数年も血圧を意識した事はなかったのだが、ダイエットを始めてしばらくした頃に、体育館で久しぶりに血圧を測ったら標準のやや高めの数値になっているのに驚いてしまった。

とは言っても、何か特別な事で対処するわけでもなく、とりあえずランニングを続けていたら、約3ヶ月ほどで標準数値に戻っていました。

有酸素運動には降圧効果が得られ、高血圧症の改善が見込めるという医学的な根拠があるらしい。

もちろんランニングだけの効果ではないかもしれないが、ランニングを通じて生活習慣を改める意識が高まった事で、血圧も標準地に戻ったのだと思っています。

体力がついた

確実に体力はつく!

いやーマジで体力がついたなぁ、と分かるぐらいに実感ができるはず。

運動をほとんどやってなかった頃は、ちょっとした階段の上り下り程度でもすぐに息が切れていたが、ランニングを継続するようになってからは、少しぐらいの階段の上り下り程度で息は切れなくなりました。

体力がつくという事はダイエットをする上でとても重要な事!

健康的に痩せるためには、食事制限だけでなく運動を取り入れる必要がありますが、体力がないと運動よりも食事制限をメインでダイエットをしがちになってしまい、効率的にボディメイクする事ができなくなってしまうからです。

体力がついてこれば、自然と体を動かす事が楽しくなってくるので、運動してカロリーを消費する意識が高まってくるので、効率良く健康的なボディメイクが可能になってくると思います。

疲れにくくなった

以前までなら、仕事やプライベートなど、何かあるごとに疲労を感じる事が多かったが、日常的にランニングをするようになってからは、明らかに疲れにくくなりました。

この点は体力がついてきたことと関係しているとは思う。

ダイエットを続ける上で、食事制限をしながら並行して運動もしなければいけないが、疲れやすいとどうしてもモチベーションが続かなくなってしまいますしね。

疲れにくいという事は、モチベーションの維持する上でもとても重要なので、とりあえず走って良かったと思います。

足腰が強くなった

運動不足の頃は、少し歩いた程度で下半身が筋肉痛になったりしたが、ランニングを始めてからはそういう事はなくなりました。

足腰が弱いと、ちょっとした移動も車を使ったり楽しようとするし、そもそも家でゴロゴロしてあまり動こうとしなかったしね。

昔から「人は足から老いる」というが、本当に足腰が弱ると気持ちも老けてしまうので、足腰を鍛えることはダイエットのみならず、若さを維持する上でもとても重要な事と言えるでしょう。

動きが機敏になった

ランニングを継続するようになってから、歩くスピードが速くなったし、動きも機敏になったと家族から言われるようになりました。

動きが機敏になった要因は下記の点があげられます。

  • ランニングを継続した事で体重が軽くなった
  • 体力がついた
  • 足腰が強くなった

動きが機敏だと、何となく周りからも若く見られるし悪い事ではない!

ぐっすり眠れるようになった

元々不眠ではなかったが、ランニングをした後はとてもぐっすりと眠れるようになりました。

実際にランニングには安眠効果が期待できるそうだが、就寝直前のランニングは却って睡眠を妨害する可能性があるので、できれば就寝時間の3時間前までには走り終えておきたいです。

まとめ:ランニング(有酸素運動)を半年間続けたらダイエット以外にもメリットは沢山あった!

ランニング

私はスポーツの基本はランニングからだと思っています。

ランニングは全身運動で、下半身を中心に体幹も鍛えれて、しかも体力もつきます。

体力がつくと運動意欲も湧いてくるので、体を動かす事が楽しくなってくると思います。

昨今はダイエットと言えば筋トレで行うことが主流になってきているが、有酸素運動と筋トレを合わせて実施するのが最も効果的かつ健康的にボディメイクできると思っています。

とりあえず筋トレに自信がない人は、ランニングもしくはウォーキングから始めてみる事をおすすめします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました