シミ・そばかすを消したいのであればゼオスキンヘルスが効果的かも

シミ・そばかすを消す方法とは美容関係
スポンサーリンク

最近、私の嫁の表情が何時になく明るくなっている。

なぜかと言うと、長年コンプレックスを抱えていたそばかすが薄くなってきたからだ。

結婚した当初から「できればそばかすを消したい」と話していたが、「ドラッグストアで売ってる内服薬ではどうせ消えない」と諦めていて、特に何もせず今に至っていたが、とある美容クリニックで薦められたゼオスキンヘルスの、ミラミックスとトレチノインという薬を使用して、あれだけ悩んでいたそばかすが、明らかに薄くなってきた。

ダイエットとは全く関係がない話だけど、そばかすやシミで悩んでいる人もかなり多いと思うので、嫁のそばかす治療にかかっている費用やビフォーアフター写真での比較などを紹介します。

小学生の頃から悩み続けてきた

嫁がそばかすにコンプレックスを持ち始めたのは小学生の頃なので、そばかすを気にし始めてから、かれこれ30年以上となる。

40歳を過ぎて昔ほど気にする事はなくなったようだけど、それでも鏡を見るとやっぱり消したい気持ちはあったようだ。

以前、私がテレビCMでやってるシミ・そばかすの薬について使ってみないか聞いたことがあったけど、嫁のそばかすには全く効果がなかったので、本気でそばかすを消すには、レーザー治療を受けるしかないと諦めていたらしい。

ゼオスキンヘルスとの出会い

ミラミックスとトレチノイン

私の長女が、生まれつきあった脂腺母斑の切除手術のため、富山市内の美容クリニックに通院していた際に、嫁がシミ・そばかすの診療がある事を知り、クリニックの先生にそばかすの事で相談したら、「レーザーじゃなく、薬で綺麗になりますよ!」と言われ、処方された薬がゼオスキンヘルスのミラミックスとトレチノインだった。

レーザーだと、1回の治療費で2万円ほどするらしく、しかも何度か通っても完全に綺麗にならない人もいるらしいけど、ミラミックスとトレチノインの治療であれば、レーザー治療程高額ではないので、そばかすが消えたらラッキー!程度の気持ちで治療を始めてみたようだ。

嫁が行っているシミ・そばかすの治療方法

嫁が行っているそばかすの治療方法はミラミックスとトレチノインを使った、セラピューティックプログラムという方法。

私が直接クリニックを受診したわけではないので、セラピューティックプログラムの詳しい事はわかないが、簡単に言うと古くなった角質を排出する治療方法の事のようだ。

セラピューティックプログラム使用手順

セラピューティックプログラムと長いネーミングだが、毎日やる事はお風呂上りに、ミラミックスとトレチノインを混ぜたクリームを、シミやそばかすがある箇所に塗る、ただこれだけ。

特に手間もなく至って簡単である。

これを約4カ月間続けるという治療法である

ミラミックスとトレチノイン其の2

写真の左がミラミックスで、右がトレチノイン。

ミラミックス

原産国はアメリカ製となっている。

トレチノイン

トレチノインの裏は韓国語で何が書かれてるのか全く分からなかった。

使い始めたら直ぐに異変が

クリームを塗り始めてすぐに異変が起きた。

まず、クリームを塗った患部が日焼けの後みたいに真っ赤になった。

そして数日経過した頃に、日焼けの後みたいに皮がボロボロに剥け始めたのだ。

ミラミックス_トレチノインの仕様直後

とはいえ、このあたりは事前に先生からも聞いていたので、それほど驚かなったそうだが、消しゴムの擦りカスのように、ボロボロと皮膚が剥がれ落ちるほど、薬が強力だという事なんだろうか。

ミラミックス& トレチノインを使い始めて1ヶ月が経過

まだ薬を塗り始めて1ヶ月しか経過していないが、塗る前と 1ヶ月後を写真で比較してみたい。

まずは、クリームを塗る前の写真から。

ミラミックス_トレチノインの使用前3
ミラミックス_トレチノインの使用前
ミラミックス_トレチノインの使用前2

見ての通り、少し大きめのシミやそばかすが無数にある事がわかる。

では次に、ミラミックス&トレチノインを塗り始めてから1ヶ月が経過した写真をご覧いただこう。

なお、予め言っておくが、写真の加工はモザイク以外何もしていないからね。

ミラミックス_トレチノインの使用後
ミラミックス_トレチノインの使用後2
ミラミックス_トレチノインの使用後3

如何だっただろう?

まだ完全に消えてはいないけど、既にかなり薄くなっているし、一部消えてる箇所もあるのが分かると思う。

まだ1ヶ月しかしてないが嫁は「今のクリームを使い切ったらもうそこまでで良いわ!」というぐらいに、大変満足している様子だ。

なお、肌がほんのり赤いのは、薬の影響によるものです。

ちなみに、数日前に嫁の親族に不幸があり、お葬式に行ったら従妹と久しぶりにあったらしい。

その従妹が嫁の顔の皮がボロボロと剥がれてるのに気付いて、嫁がそばかすの治療をしている事を従妹に話をしたら、たまたま従妹もそばかすの治療中らしく、しかも同じクリニックに通ってる事も判明したそうだ。

しかも、従妹の方はレーザー治療をやっていて、これまでに少なくとも5回以上は施術したらしいが、嫁の方が明らかにそばかすが目立たなくなっていたらしい。

従妹も、何で高いレーザーやってるのに、クリームよりも効果が悪いのか不満がっていたようで、今度クリニックに行ったらクレームしようかなぁって話していたそうだ。

ミラミックス& トレチノインを使用する上での注意点

ミラミックスのパッケージの裏にも注意書きが書かれているが、日焼け止めクリームを塗ったり、帽子を被るなどして、極力太陽光を避けるようにする必要があるようだ。

ミラミックス

万が一、頻繁に太陽光に当たっていると、余計にシミが酷くなってしまうようである。

それともう一つ。

ミラミックスに含まれる有効成分であるハイドロキノンは、日本では2%までの配合が厚生労働省により許可されているので、市販の化粧品にも含有されたものが販売されている。

3%以上のハイドロキノンが配合されたものは病院での処方が必要となる。

ハイドロキノンが、5%の濃度を超えると、動物実験で発がん性が指摘されており、現在ヨーロッパでは使用が禁止されている国もあるらしい。

ちなみに嫁が使っているミラミックスのハイドロキノンは4%配合されている。

そこで注意が必要なのは、ミラミックスは個人輸入サイトで比較的安く購入する事ができるが、何の知識もなく安易に購入すると、ハイドロキノンの濃度が高い商品を購入してしまったりする可能性も考えられるので、必ず美容クリニックなどで診察を受けた上で、処方された薬を使うようにして欲しい。

ミラミックス&トレチノインの薬代と診療費

ここまでで、ミラミックス&トレチノインが、シミ・そばかすに効果的だという事が分かったと思うが、薬代と診療費でどれくらいコストがかかるのか気になるところだと思うので、かかっているコストを紹介したい。

シミ・そばかす治療明細書

薬代は、ミラミックスが13,180円で、トレチノインが10,800円、そして初診料として3,000円がかかった。

シミ・そばかす治療の診療費-1

そして、これが明細書。

クリーム代と初診料を合わせて26,980円。

もちろん保険対象外なので、全額自己負担となる。

決して安くはないが、レーザーで何度か施術する事に比べれば、十分コスパは高いのではないだろうか。

まとめ:シミ・そばかすを消すには、ミラミックス&トレチノインで効果が期待できる

美容クリニックで処方されたミラミックス&トレチノインを使う事で、30年以上消えなかったそばかすが、約1ヶ月ほどでかなり目立たなくなるほど薄くなりました。

ただし、シミ・そばかすの種類や状態によっては、他の薬の方が消えやすいなど、相性もあるようなので、ミラミックス&トレチノインが必ずしも万能とは言えないかもしれません。

ただ私が言いたい事は、長年シミ・そばかすで悩んでいる人でも、薬によって消す事ができる可能性がある事を知って欲しいです。

シミ・そばかすに悩んでいる人は、効果が期待できるか分からない市販薬にお金を使うぐらいなら、最寄りの美容クリニックに行ってみては如何でしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました